サイトメニュー

現在多くの方がかかる病

男性

周囲でうつ病の方がいる場合、「十分休んでね」といった言葉をかけるなど、ソフトな接し方をするのが重要です。また、うつ病の方が病院を利用する場合、精神負担が強い場合は精神科へ、体に負担がある場合は心療内科へ行くようにしましょう。

詳しく見る

心が疲れてしまったら

ハート

うつ病の人への接し方はデリケートな問題なので誰もが戸惑うものです。うつ病の症状は一つではなく多方面に渡るので、接し方に気をつけ症状に変化がないか観察しておきましょう。わからないことがあれば、専門医の指示に従います。

詳しく見る

心の疲れを感じたら病院へ

医者

うつ病は普通の病気と同じく、心と体が疲れてしまっている状態にあります。周囲の理解を得られることで、治癒は快方に向かいますので、協力を得ながらゆっくりと治していくのがいいでしょう。自分に合った接し方をしてくれる人達との環境作りが重要です。

詳しく見る

普通に接しましょう

ハート

病気の理解から始めよう

うつ病の原因は多岐に渡り、人間関係のトラブル・プレッシャー等が挙げられます。また、完璧主義等の性格面が要因となる事もあります。その他にも遺伝的要因等という説もありますが、大別するとこの2種類に分類出来るでしょう。どの様な原因でうつ病を発症したのかはケースバイケースですが、いずれの場合でも本人への接し方には一定の配慮が必要です。ほぼ一日中憂鬱・悲しい気持ち等の症状が毎日の様に続き、特に朝方は症状が辛いという傾向があります。一方時間帯により症状に変化があり、夕刻頃から症状が出やすいタイプもあります。前者は大うつ病性障害と言い、元気付け等の励ましは慎みましょう。また転職・離職等の重大な決断は取り敢えず延期し、ゆっくり静養する事を第一にします。心療内科医の定期的な受診や、処方された抗うつ薬等の服薬も必要です。後者は気分変調症と言い気分の落ち込み・不安等の症状の波が激しく、興味のある趣味等に熱中する時には症状は落ち着いています。しかし仕事等の興味をそそられない事になると、症状が現れるという特徴があります。接し方としては症状の有無を観察しながら、短時間の散歩を勧める等の励ましは有用です。うつ病の治療で入院している友人・同僚、上司等が居れば、お見舞いをする事もあるでしょう。症状が落ち着いていれば、面会する事はそれ程難しくありません。作業療法等を通し、同じ病気を持つ人達との交流が生まれる事もあるでしょうが、家族・友人、同僚等の見知った人に会うのは単純に嬉しい物です。しかし本人は同時にどの様な会話をしたら喜ばれるだろうか・上司ならどの様に振る舞えば良いだろうか等と、気遣いをしてしまいがちです。うつ病という病気の性質上心理的なプレッシャーを感じやすい為、長居をしない接し方を工夫しましょう。元気付けの言葉は掛けるのは控え、特にかしこまらずに自然に振る舞うのが適切な接し方です。また例え一人部屋であったとしても本人の精神的負荷を考慮し、余り大勢でお見舞いに行くのは控えましょう。代表者を数人程度に絞り、本人が入院している病院に面会の許可を得てから出向くのがマナーです。帰り際に再度訪れるという旨の言葉を掛けると、うつ病を患っている本人には喜ばれるでしょう。