サイトメニュー

心が疲れてしまったら

ハート

心療内科に相談しよう

心療内科によるうつ病治療には大きく3つの方法にわかれています。まず、1つ目にしてもっとも大切なのが休養です。うつ病に罹患している患者さんは、自分に休みを与えることに強い罪悪感を覚えている方が多いです。しかし、心も身体も疲れきってしまっている人にとってゆったりとした時間を得ること、エネルギーを充電することはのちに述べる治療法をより有効にするためにも重要なことなのです。多くの心療内科では生活リズムや食事内容についてアドバイスを受けることができます。2つ目は薬物療法です。主に抗うつ薬を使用します。薬で精神状態をコントロールすることに抵抗がある人もいますが、つらい状況にいる人が適切な服用により無理なく気持ちを楽な方向に導くことは悪いことではありません。これは症状の重さや患者さんの意向に沿って使用の有無が決められます。3つ目は、精神療法です。うつを患っている人が自分の気持ちを理解してくれる人と会話することで客観的に自分自身と向き合う、という作業です。その際の接し方が重要で、専門の医師による適切な接し方でかたく閉ざされていた心のドアを少しずつ開いていきます。うつ病の人によく見られる特徴というものがあります。それは顕著に見られることもあれば、よく観察してみないと気づけないこともあり人それぞれです。いつも通りの接し方の中で、患者さんの変化を注意深く観察することが大切です。そんな中でも初期段階にあらわれ、周りの人がもっとも気づきやすい特徴の1つに口数が減るというものがあります。何を話しかけても上の空で、以前に比べて発言も減ったらうつ病を疑ってみてもよいかもしれません。うつ病の人は悲しくつらい気持ちと戦っているので、気持ちが落ち込んで暗い雰囲気に苛まれていることが多いです。それと同時に食欲の減退や睡眠不足等の症状が見られます。これらは特に朝の時間帯によく見られます。その後はそれまで好きだったものや趣味に興味を示さなくなったり、下痢や頭痛、ひどい疲れなどの身体の不調を訴えたりすることが挙げられます。症状の重さやあらわれ方は人それぞれですので万が一接し方を誤って、症状をより悪化させたり患者さんを精神的に追い込んだりしないよう気をつけましょう。