サイトメニュー

通院先の選定ポイント

カウンセリング

経過順に話を整理しよう

自分に合った心療内科に通うことがうつ病との接し方では重要であり、通院開始後の治療内容にも大きく関わってきます。そのため、少しでも良い商品を求めて色々店舗を巡るようなドクターショッピングは控えた方が良いのですが、ある程度種別の違う診療内に訪れ、比較するのは有効です。例えば規模の大きな大学病院などをはじめ、町の開業医、それにうつ病に特化したメンタルクリニックでは、同じ心療内科でも治療に対する取り組みは若干違う傾向があります。とりわけ大型病院は院内の検査設備が非常に充実しており、病棟も備えることから、入院を視野に入れている際は検討しておくと良い医療機関です。病床のないクリニックでは入院することになった場合、提携先の病院を紹介されるケースが多くなっています。ですから同じ心療内科医に診て欲しい時は、入院設備の有無を基準に通院先を選ぶと良いでしょう。そのほか、規模が違えば待ち時間や会計のやり方なども異なりますから、通院が後々苦にならないよう、通いやすさなどを基準に選ぶのも、うつ病との大切な接し方です。血液反応や放射線検査などで原因を究明できる内臓疾患と違い、うつ病は物理的な検査では要因を特定しにくい病気です。それだけに患者本人から語られる病状のエピソードは、医師の診断でもそれなりの比重が置かれています。つまり情報が誤って伝われば的確な診断や、ひいては処方箋や治療方針にもズレが生じる可能性があるのです。そこで心療内科へ赴く前に、これまでに起こった辛い症状や、それに対する接し方などを、時系列に沿って話せるように準備しておきましょう。これで医師も正しく話を聞いて理解できるようになり、場合によってはうつ病との接し方を間違えたことで症状が悪化したなど、診断精度の向上に役立てられます。一方、病院へ持参する必要書類も欠かせませんので、心療内科を受診する際は健康保険証も忘れずに準備しておいてください。また、大学病院をはじめとした大型病院では紹介状が要りますから、普段通っている一般内科の主治医で構いませんので、紹介状をもらっておきましょう。それを持参して行けば、特定機能病院特有の選定療養費といった高額な初回費用をカットできます。