サイトメニュー

心の疲れを感じたら病院へ

医者

うつの人への話し方

最近の心療内科は精神科と併設している場所も多く、うつや統合失調などの病気の他、詳しい検査をして最終的な診断をしてもらうことができます。心理的ストレスから来る身体的症状や、疲労感を感じる方は年々増えてきています。そのことから心療内科を受診する方は増えており、人気のある病院は予約をしないと、すぐに診察を受けられない場合もあります。なぜなら心療内科では、最初の診察は時間をかけて患者の様子を診察していきます。どういった経緯で今のような症状になったのか、家族構成や職業など本人から聞ける情報を元に、これからの治療方針を決めていきます。普通の病院ではわからない心の病気だからこそ、ゆっくりと話を聞いてくれる心療内科は人気の理由といえます。また心療内科ではうつ病などの患者さんに対しての接し方に、気を配っています。なるべく不安にならないよう、丁寧に話を聞いたり、説明したりするよう、病院内での接し方に対する努力も怠りません。受付の方もうつ病の方が安心して接する事ができるよう、配慮がされています。うつ病の人も見た目は病とわからず、普通の人と変わりません。ですが、心はとても繊細で、ちょっとした接し方の中でも傷ついたり、気にしてしまったりすることがあります。まず注意しなければいけないのが、励ます接し方です。よく言われているのが、頑張ってという言葉です。うつ病になる人は、かなりの限界まで頑張ってしまっている人が多いので、これ以上の頑張っては酷になります。頑張っての言葉以外に「無理しないでね」や、「何かあったらいつでも言ってね」と体調を労る言葉をかけてあげましょう。またうつ病と聞いて、「ネガティブだな〜」という言葉も控えましょう。うつ病は脳の病気とも言われていますので、病気のせいで後ろ向きになっているのです。本人が後ろ向きな発言をしても叱ったりせず、軽く受け流す気持ちで聞いてあげて下さい。ここで気をつけたいのは、患者さん本人のその場その場で発せられる言葉を重く受け止めてはいけません。聞き役はあくまで冷静に客観的に受けとめましょう。本人だけでなく、受け止めている人までもがうつ病になる恐れがあるからです。